【飲食店開業】資金はどのくらい必要?

飲食店開業資金の目安は?

飲食店開業資金の目安は?

飲食店を開業する場合、一般的には800~1200万円程度の資金が必要といわれています。
(業種や業態、店舗の状態等によっては、それ以下であったり、以上にもなります)

開業資金の内訳は?

飲食店を開業する際にかかる費用の大きなものは次のとおりです。

  • 【1】物件取得費
  • 【2】店舗内装費
  • 【3】店舗設備費
  • 【4】材料費、人件費、備品等

【内訳事例】居酒屋の場合

それでは、実際の内訳を見てみましょう。

調達の方法
借入金 800万円
自己資金 400万円
居酒屋の開業資金内訳
設備資金 物件取得費 200万円
内装工事 500万円
厨房機器・備品 200万円
運転資金 開業準備 120万円
運転資金 180万円

この他にもちろん、運転資金と経営者自身の生活費が必要です!
開業後すぐに生活費分を稼ぐことができればよいですが、
様々なリスクを考慮して準備しておくことが大事です。

開業資金は自分で貯める?借りる?

飲食店を開業するにあたって、すべて自己資金で開業される方は非常に稀です。
通常は自己資金では足りず、金融機関からの借入、「融資」が必要となります。
「融資なんて初めてでどうしていいかわからない」「借金は不安…」という方は、
まずは当事務所へご相談ください。

初回の開業相談は無料ですので、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

▼スマートフォンの方は、タップすると電話をかけられます。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電場番号 (任意)
お問い合わせ内容 (必須)
メッセージ等
(必須)個人情報保護方針に同意する
個人情報保護方針はこちら

こちらもあわせてお読みください

開業資金調達・融資サポートのご案内