飲食店開業相談ブログ3

前回はご用意頂いた資料のご確認に入るところまででした。

今回から計画書作成の為の必要資料を見ていきます。

 

私「では1つずつ確認していきましょう。」

私「まず、店舗の詳細の分かる資料から。こちらはよく不動産さんの表に張ってある資料になりますが、こちらは1ヶ月で27万円ですね。敷金・礼金合わせて6ヶ月分になっていますね。そして仲介手数料1ヵ月分。前家賃もありますので全部で206万円ですね。」

この合計金額は

敷金 25万円(税抜)×6ヶ月=150万円

礼金 27.5円(税込)

仲介手数料 27.5万円(税込)

前家賃 27.5万円(税込)

合計232.5万円となります。敷金には消費税は含まれませんがその他は消費税込の金額になります。

 

谷木さん「この店舗にかかる費用で敷金は経費になるんですか。」

私「谷木さん、良い質問ですね。実はこの敷金は経費にならないんですよ。」

谷木さん「えー、経費にならないなら利益が出ちゃうじゃないですか。」

私「この敷金は預けているだけですからね。もしお店を出る時には戻ってきますので。

ほかの仲介手数料や家賃はもちろん、礼金も経費になります。礼金は繰延資産といって

すぐに経費にはできませんが。」

谷木さん「色々処理が違うのですね。」

私「はい、これから見ていく資料でもすぐ経費にならないものがありますから。」

 

よく店舗取得費用の中身がどうなるかという質問があります。

特に敷金や保証金の処理がどうなるのですかと。経費になると思われている方も多く見受けられます。谷木さんも支払ったものは経費になると思われておりました。

この敷金や保証金を経費にしてしまう処理は間違いであり、経費にしないように要注意です。

 

次回は内装の御見積を見ていきます。