【飲食店を開業したい人の準備】飲食店の消費税~売上偏~

 飲食店を始めたその時から、好むと好まざるとに関わらず、税金とはおつきあいをしてゆかなければならないものです。

 そして、税金にも種類があります。お店を始めたら、いったいどんな税金があるのか。法人税、所得税、事業税、住民税、消費税・・・

 その前に、お店を始める前にも、開業の資金はどこから準備しましたか?

場合によっては、相続税、贈与税。

 「おいおいおい!税金のために働いていうようなものじゃないか」という声が聞こえてきますが、

このなかで、お店の事業者が直接負担していない税金があります。

 答えは、消費税です。お客様が最終的に負担する税金を、事業者が売上の際に、お客様から預かった消費税を、お客様の代わりに国に納付することになります。

 消費税が飲食店開業準備者とどのようにかかわっているのかを、ほり下げてゆきます。

 今回は、売上です。個人事業主として、飲食業を営んでいる場合、お店でお客さまに、商品を提供した場合の売上は、消費税の対象になります。個人の私物を売った場合はどうなるのでしょう。大丈夫ですか?

1、飲食店経営者が自分の趣味で所有していたオートバイを売って、そのお金で商品の仕入をした場合、オートバイ売却は、消費税の対象になるの?

 事業用資金の取得のために行う家事用資産の譲渡は、課税の対象になりません。

国税庁HP (事業に関して行う家事用資産の譲渡) 

 しかし、飲食店経営が事業に使用していた、つまり、経費としていたオートバイを売って、そのお金で商品の仕入をした場合、オートバイ売却は消費税の対象になります。

 経費に落とすということは、売却時には、消費税がかかるということです。

2、事業に使用していた建物、内装を売って、銀行の返済に充てた場合、売却は消費税の対象になるの?

 事業附随行為は、課税の対象になります。

国税庁HP (附随行為) 

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、資金繰りが厳しくなっているオーナー様にとって、赤字店舗の損切から、これまで手に入れた店舗を泣く泣く売却する場合があります。その際の、事業の用に供している建物、厨房設備、機械などを手ばなす譲渡にも、消費税法の中では、売上と同様に消費税対象として扱われます。

 手放す前に、消費税も計算しておかなければなりません。

→消費税のそもそもの計算を知らない人は、こちらを見てください。

さらに消費税や法人設立なども含め飲食店の経理の基本のセミナー
WEBで、さらに無料で定期的に開催していますので一度ご参加ください!

<NEW>11/24(火)18:00開業前後に知っておくと得をする諸手続きと経理の基本セミナー

本格的な事業計画と融資についてはこちら
創業融資で883万借りるための大事なこと3選

また、よければ下記のフォームより無料メルマガにご登録ください!
最新の記事やセミナー案内(WEBも対面セミナーもあります)など他にも開業に向けての役立つ情報を得ることができますのでご活用ください。

お名前
メールアドレス
ステージ

▼飲食店で会計事務所って何をしてくれるの?▼
須黒会計と顧問契約するメリット

Follow me!