【無料オンラインセミナー|受付中】9月27日 個人店の給付金と税金

 

時短要請協力金(名前は色々ありますが営業時間を短縮または休業してお金がもらえるものです。)にかかる税金ってお考えになったことはありますか?

※今回は東京都の時短要請協力金に焦点を当ててお話します。色々な市区町村で金額は変わりますが、考え方はすべて同じです。

「実際申請して入金されているけどこれって全部もらっていいの?」
「税金はかかるのは知っているけどどれくらいかかかるの?」

など色々考えてお調べになって、今ここに至るのかと思います。

そうです、もちろん給付金をもらって利益がでれば税金は支払いうことになります。

そして2021年中で現時点(9月1日時点)で仮に時短要請協力金を
すべてもらっていたとすると1,000万円ほど受給していることにあります。

つまりその協力金に対して税金が課されることになります。

今回はそれに対する税金の金額や考え方、そして対策などをお教えします。

ご興味がありましたら下記の応募フォーム等よりご参加ください。

 

「個人店の給付金と税金」セミナーの流れ
①給付金ってなに?
 税金の対象になる給付金とならない給付金

②税金の考え方
 どうやって税金を計算するの?

③今年の税金はどうなるの?
 実際に計算してみよう!

④注意するのは来年!
 いつ税金を支払うの?

⑤今後の飲食店の大きな流れ
 事業を継続していく上で大切な考え方

 

他のセミナーを見る

●開催日
2021年9月27日
17:30~18:30

●参加料
無料

●参加方法
Zoom(WEB会議システム)を使用します。


①下記のフォームで前日までに申し込みをしてください。
申込後24時間以内(前日申し込みの場合は当日の朝9:00まで)に、
申し込みいただいたメールアドレス宛てにセミナーに参加できるURLをお送りいたします。

②当日の開催時間までにクリックをしてお待ち下さい。

メールが届かない場合アドレスの入力をもう一度確認して申込ください。
※ZOOMが初めての場合はインストールが始まります。スマホの場合は事前に「ZOOM」のアプリケーションをダウンロードしておいてください。このアプリケーションも無料で使用することができます。
パソコンでもスマホでもおよそ2~3分でダウンロード可能です。
一度送られてきたURLをクリックして参加できる状態にしておいてください。

ZOOMのご利用方法の詳細はこちら

本セミナはー「9/27個人店の給付金と税金」です。

開催日 (必須)
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
開業(予定)場所(必須)
開業ステップ (必須)
メッセージ等(任意)
(必須)個人情報保護方針に同意する
個人情報保護方針はこちら

Follow me!